エルサルバドル:コーヒーチェリー・ティ(カスカラ)500g

¥3,000

「エルサルバドル コーヒーチェリー・ティ(カスカラ)」 説明資料

原産国:エルサルバドル (El salvador)

生産者:フェルナンド・リマ(Fernando Lima)

農園 サンタエレナ

Alt: 1,500 m 標高 1500

処理のプロセスについて

◆カスカラの生産について

まず、カスカラを収穫する地域を選ぶ。その年によって変えていきます。もちろん100%無農薬です。JASの認証も農園自体は受けています。

コーヒーが非常に熟していて、ジューシーな段階でなければならない。今年はサンタエレナ1の7番区画を使用しました。

次に、この地域で収穫したコーヒーをすぐにミルに持っていき、小型のパルパーを使います。カスカラ製造以外では使わない完璧に掃除された綺麗なパルパーを使わないといけません。甘さを引き立たせる為、処理中を通して水をほとんど使わず、なるべく果肉(ミュシラジ)を皮(カスカラ)に付着させておきたい目的があります。

加工後のカスカラはアフリカンベッドで20日から26日寝かせます。その間均一に乾燥するよう定期的にかき混ぜていきます。

その後、グレインプロの麻袋に入れて、非常に乾燥した場所に一旦置き、手作業で出荷レベルの品質にハンドピックしていく。

お伝えしたい重要なことは、量100%の状態から50~55%しか使用できないということです。このカスカラは、非常によく選別され、清潔でなければならないため、人の手間がコーヒー以上にかかる商品でもあります。

◆カスカラの飲み方・楽しみ方

プレスでホットで楽しむのはもちろん、濃いめに抽出したものをアイスが炭酸で割ったり、ホット・アイスミルクで割っても美味しいです。カスカラから酵母を作ってパンを焼くこともできますし、カスカラシロップを作ることも可能です。

写真は一粒ずつハンドピックするレディーたちです。半分が不良品として処分されることを考えると相当な手間暇です。

 

在庫切れ

エルサルバドル:コーヒーチェリー・ティ(カスカラ)500g

追加情報

重さ 500 g