キューバ:クリスタルマウンテン カツーラ種、ティピカ種 ウオッシュド(中煎り)100g

¥680

「キューバ:クリスタルマウンテン カツーラ種、ティピカ種」 説明資料

生産地:キューバ共和国 中央部 エスカンプレイ地区

標高:800~1,300m

収穫時期:10~1月

品種:カツーラ種、ティピカ種

スクリーンサイズ:S19…40%、S18…54%、S17…6%

精製方法:ウオッシュド

■キューバコーヒーは、18世紀初頭にフランス人によりハイチから持ち込まれたのがこの国のコーヒー栽培歴史の始まりです。

■カリブ海の穏やかな熱帯気候に包まれたキューバは、年間平均気温が約25℃と暖かく、美しい海に囲まれた南国。最近は、ハリケーンなどの自然災害が多く、生産量が不安定な地域でもあります。
近年では、珍しく、伝統的なコーヒー栽培が続いている地域としても知られています。

■水晶が取れる山岳地帯から栽培が始まったとされ、中央部のエスカンブレイ山脈で栽培されるコーヒーが、クリスタルマウンテンとして販売されており、キューバ産コーヒーの最上級品として取り扱われています。
完熟した実だけを手摘みで収穫し、大粒で良質な豆を職人の手により、選別して商品化しています。味の特徴として、爽やかな酸の中に、完熟果実の甘味を感じるクリーンカップが楽しめます。

在庫切れ

カテゴリー: タグ:

キューバ:クリスタルマウンテン カツーラ種、ティピカ種 ウオッシュド(中煎り)100g

追加情報

重さ 100 g